妊活サプリの王道XYZ

*

牡蠣の効果(2)

   

コレステロールを調整する

海のミルクと言われる程栄養の豊富な牡蠣ですが、この牡蠣から作られる牡蠣サプリは多機能な栄養食品としてしられています。その中でも特に効果が高いのが、血液や血管に作用する成分です。タウリン、エイコサペンタエン酸、カルシウムなどがあります。

悪玉コレステロールを減少

タウリンは肝臓への効果が高いことで有名ですが、他にも血液および心臓に対しても効果があります。タウリンは直接的な降圧作用があり、高血圧を抑制する作用もあります。また、エイコサペンタエン酸は、血液サラサラ効果で知られている通り、血中にある余剰コレステロールを回収する善玉コレステロールを減少させることなく、悪玉コレステロールを減少させます。

非常に恐ろしい状態を牡蠣で改善

この二つの相乗効果で血管の状態が非常に良くなる事が期待されます。高血圧や高コレステロールは、心臓発作などの引き金にもなりかねない、非常に恐ろしい状態です。これらの値を下げるためには、有効成分の多く含まれている牡蠣サプリの服用が効果的です。

精力がアップする

年をとるにつれて、身体や心の疲れが溜ってきますよね。特に、性欲がわかなくなったり、起ちにくくなったりと男性ならではの深刻な悩みにつながることもあります。精力が維持できないという症状は、男性ホルモンの低下が原因です。

亜鉛は男性ホルモンの分泌に必要不可欠なミネラル

男性ホルモンは20代がピークでそれから徐々に下がっていきます。ですから、40代、50代になって、家庭を持ち、責任あるポジションにつくようになる働き盛りの男性にとっては、精力が維持できないというのはとても身近な問題です。亜鉛は男性ホルモンの分泌に必要不可欠なミネラルで、不足すると精力減退の原因となることがあります。

吸収率が悪い亜鉛は食品からでは不足

亜鉛の必要量は成人男性で8mgから10mgと微量でよいのですが、体内で生成することができません。また、亜鉛は吸収率が悪いので、食品からでは不足することがあります。ですから、亜鉛が多く含まれる牡蠣サプリを服用することで、疲れにくく、心身ともに若々しい状態を維持することができるでしょう。

亜鉛がすっぽんの8倍

昔から、精力の維持に有効だといわれている食べ物の一つにスッポンやうなぎがありますよね。しかし、牡蠣も負けてはいません。食品100グラム当たりの亜鉛の含有量はスッポンの8倍(スッポン1.6mgに対して牡蠣13.2mg)もあります。

体内で生成できない亜鉛!

亜鉛は必要な量は微量でよいのですが、多く含まれている食べ物はあまりありませんし、体内で生成することのできない必須アミノ酸ですので、十分に摂取するのが難しい成分でもあります。しかも、尿や汗の中に入って排泄されてしまいやすく、必要量を体内で確保しておくのが難しいので、特にダイエットや運動中は不足しないよう意識して摂りたいミネラルです。

DNAの生成や細胞分裂に不可欠

亜鉛は、非常に重要なミネラルで、DNAの生成や細胞分裂に不可欠ですので、不足すると成長が阻害されたり、免疫機能が低下したりします。また、男性においてはインポテンツの原因になることはよく知られています。ですから効率よく摂取するために、牡蠣サプリを服用すると効果的です。

 - 妊活サプリ