妊活サプリの王道XYZ

*

葉酸の特徴

   

葉酸とは?

妊娠を希望する人にとって摂るべき栄養素として認識が定着してきているのが葉酸です。葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で、DNAの合成に必要な栄養素です。葉酸は別名造血ビタミンと呼ばれることもあるぐらいで、ビタミンB12とともに赤血球の生成も助けますから、不足すると貧血の原因にもなります。

赤ちゃんの新しい細胞を作るのに必須

この貧血は、鉄分が不足して起きる貧血と違い、ヘモグロビンの量が足りていても起きる貧血で、悪性貧血とも呼ばれています。また、代謝に関わりが深く、タンパク質や核酸の合成や細胞の生産や再生に必要不可欠なものです。特に、核酸とは遺伝子の情報を伝達する根幹となるものですから、赤ちゃんの新しい細胞がどんどん作られる妊娠初期には特に大切な栄養素といえます。

先天障害のリスクを軽減するために非常に重要

特に、受胎前後の時期に十分な葉酸を摂取していることは、先天障害のリスクを軽減するために非常に重要ですので、妊娠を目指している人は妊娠前から十分に摂取するように心がけたいものです。

葉酸に含まれる成分

葉酸とは水溶性ビタミンB群の一種で、ビタミンB12とともに赤血球の形成を助けるビタミンです。また、細胞分裂や成長を促す際に必要な栄養素としても知られています。最近ではホモシステインという動脈硬化性疾患の危険因子とされている物質の産生を抑制することがわかっています。

「ほうれん草」を意味する「folium」から「葉酸」と命名

科学的にはその構造からプテロイログルタミン酸と呼ばれています。葉酸はレバーや葉野菜などに多く含まれるビタミンです。実際、ほうれん草の中から発見され、ラテン語の「葉」や「ほうれん草」を意味する「folium」から「葉酸」と命名されました。水溶性ビタミンであることから、加熱すると多くの成分が失われてしまい、ほうれん草では加熱後は40%に減少してしまいます。

1日400μgの葉酸摂取が推奨

また、光や熱にも弱いので、冷暗所に保存するなどした方が葉酸の消失は防げます。厚生労働は、食品から摂取する通常の葉酸に加えて、妊娠中はいわゆる栄養補助食品などから1日400μgの葉酸摂取が推奨されています。

赤ちゃんに必要な栄養素

胎児が育つのに非常に大切な栄養素の一つが葉酸です。葉酸は、細胞が分裂し生成されていく過程を正常に促す働きがあるので、葉酸が不足すると、この細胞分裂がうまくいかないことがあります。特に、受精してから胎児が発育するごく初期の間に脳や神経が形成されますが、この時期に不足すると脳や神経の先天性の異常や障害のリスクが高まる危険があります。

生まれたばかりの赤ちゃんは細胞分裂を盛ん

また免疫機能や消化管機能に異常をきたすこともあります。無事に誕生した後も、赤ちゃんにとって欠かせなものです。生まれたばかりの赤ちゃんは細胞分裂を盛んにしますから、授乳期に葉酸が不足すると発育に遅れを及ぼす事が認められているのです。

子育ては妊活中から

そして、もちろんおっぱいの元はママの血液ですから、造血ビタミンとも言われている葉酸を十分に摂って、母乳の質をあげるためにも葉酸は欠かせません。ですから、無事赤ちゃんを出産した後も、しばらく葉酸を意識して摂取するようにすると良いでしょう。

 - 妊活サプリ