妊活サプリの王道XYZ

*

葉酸サプリの効果

   

神経管閉鎖障害予防に効果的

妊活中、妊娠中を通して意識して摂取したい栄養素に葉酸があります。葉酸は、ビタミンB群の一つですが、主にビタミンB12と一緒に血液を作る助けをする役割と、細胞分裂を正常に行う助けになる役割があります。

受胎直後から脳細胞や神経細胞がどんどん形成

特にここで注意して頂きたいのは、葉酸が受胎前後のごく初期に非常に重要な役割を果たすということです。受胎直後から脳細胞や神経細胞がどんどん形成されます。ですから、この時期に葉酸が不足すると「無脳症」や「二分脊椎症」などの神経管閉塞障害の発症リスクが大きくなってしまうのです。

葉酸は不足のリスクがとても大きい

アメリカの調査では、この時期に十分な摂取が行われていれば、これらのリスクを大幅に減少させるという結果がでました。また、細胞分裂時に不可欠なため、細胞分裂の盛んな時に欠乏症が出やすくなります。そのリスクの代表的なものは免疫機能減衰、消化管機能以上などが挙げられます。葉酸は不足のリスクがとても大きいので、十分に摂取することに留意しましょう。

貧血を防ぐ

妊活中、妊娠中は葉酸を十分にとって貧血を予防しましょう。貧血といえば、鉄分の摂取ばかりに注意が行きがちですが、葉酸を十分に摂る事も重要です。というのも、葉酸はビタミンB12と一緒に血液を作る助けをしているからです。そのため葉酸は別名造血ビタミンなどと呼ばれることもあります。

葉酸は別名造血ビタミン

具体的には葉酸は赤血球を作る際の補酵素としての働きがあります。ですから、鉄分をきちんと摂取して十分なヘモグロビンがあった場合でも、肝心の赤血球が足りずに貧血症状を引き起こすことがあります。これを悪性貧血と言います。妊娠中だけでなく、出産後に母乳を与える場合のことを考えても良質の血液を十分に生成できることはとても重要ですから、出産後も葉酸をしっかり摂るようにしたいものです。

補助食品で摂取することが推奨

この葉酸は妊娠中は普段の食事に加えて400μgほど補助食品で摂取することが推奨されています。というのも、葉酸は摂取しにくくすべてを食品で賄う事は難しいからです。

妊活中の男性にも効果的

妊娠初期において、十分な葉酸を摂取していることは胎児の健全な発育にとってとても重要ですが、赤ちゃんを望むカップルにとっては、男性もまた十分に葉酸をとる必要があります。というのも、アメリカの研究チームの発表によれば、葉酸の摂取と精子の状態には深い関係があるということがわかったからです。

葉酸の摂取と精子の状態には深い関係がある

葉酸摂取の量が多い男性の方が、染色体異常が少なく、健康な精子が多くなるという結果が出たのです。卵子同様、精子も生成の際に葉酸が何らかの働きをしているのではと考えられています。では、赤ちゃんを希望する場合、男性はいつぐらいから摂ったら良いのでしょうか。

健康維持には非常に有効な栄養素

精子が作られるのに3ヶ月ぐらいかかりますから、赤ちゃんを希望する時からすぐにでも摂取するのが効果が高いでしょう。また、推奨される量は200μg程度になります。男性の場合は、女性の妊娠後は必要ありませんが、健康維持には非常に有効な栄養素なので継続しても良いかもしれません。

 - 妊活サプリ